本文へ移動

下阪本 Y邸

コメント

車椅子のおばあちゃんも長湯したくなるくつろぎのバスルームへ・・・・・・・・

在来のタイルのお風呂が寒く、長くくつろぐことができなかったということでした。
在来のタイル風呂からユニットバスへリフォームしました。
お婆ちゃんの介護のため浴室の手すり・入口の拡張・段差解消をしました。また入り口は片引き戸にして車椅子でも入れるように広々とした間口を確保するために洗面化粧台は一回り小さくして、横には洗濯機を置くことでスペースを確保。浴室までも手すりはおばあちゃんの動線にあわせて取り付けしました。
お風呂にテレビが取り付けたいとのご要望もありましたので、2箇所あった窓のうち一箇所をふさぎ、テレビを設置しました。それに伴い、暖かくなりテレビも観られ、ゆっくりくつろげるようになったと喜ばれていました。

ビフォアー

before
after
before
after
0
1
2
6
1
3
TOPへ戻る